ホーム > くらし・環境 > 保険・年金 > 国民年金 > 年金生活者支援給付金

ここから本文です。

更新日:2022年4月1日

年金生活者支援給付金

公的年金等の収入やその他の所得額が一定基準以下の年金受給者の生活を支援するために、年金に上乗せして支給されるものです。

受給するためには、請求書の提出が必要です。

対象者

老齢基礎年金を受給し、以下3つの条件を全て満たしている方

  1. 65歳以上である
  2. 請求者の世帯全員の市町村民税が非課税となっている
  3. 前年の収入額とその他の所得額の合計が881,200円以下である(781,200円を超える場合は補足的老齢年金生活者支援給付金が支給されます)

障害、遺族基礎年金を受給し、以下の基準を満たしている方

  1. 前年の所得が「4,721,000円+扶養親族の数×38万円」以下である

給付金額

老齢基礎年金を受給している方

(5,030円×保険料納付済期間/480)+(10,845円×保険料免除期間/480)=給付金月額

例)納付済期間が60カ月、全額免除期間が240カ月の場合(5,030円×60/480)+(10,845×240/480)=6,052円(月額)

障害基礎年金を受給している方

  • 障害等級が1級:6,288円(月額)
  • 障害等級が2級:5,030円(月額)

遺族基礎年金を受給している方

5,030円(月額)

手続き

請求書は市役所保険年金課または年金事務所にあります。

お問い合わせ

市民環境部保険年金課 

宇陀市榛原下井足17番地の3

電話番号:0745-82-3672/IP電話:0745-88-9086

ファックス:0745-82-7234

日本年金機構桜井年金事務所:0744-42-0033

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?