ホーム > くらし・環境 > 保険・年金 > 国民健康保険 > 交通事故等にあったとき

ここから本文です。

更新日:2022年7月20日

交通事故等にあったとき

第三者の行為で傷病を受けたとき

交通事故や他人の飼い犬にかまれたなど、第三者の行為によってケガや病気をしたときでも、国民健康保険を使うことができます。ただし、医療費は加害者が全額負担するのが原則ですので、国保では一時的に医療費を立て替え、あとで加害者に請求します。

届け出を忘れずに

国保で医療を受けるときは、必ず事前に国保に連絡し、すみやかに「第三者行為による傷病届」を提出してください。

届け出に必要な書類

示談は慎重に

加害者から治療費を受け取ったり、示談を済ませたりすると、国保が使えなくなります。示談する前に必ず国保窓口に相談してください。

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

市民環境部保険年金課 

宇陀市榛原下井足17番地の3

電話番号:0745-82-3672/IP電話:0745-88-9086

ファックス:0745-82-7234

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?