ホーム > 健康・福祉 > 介護保険 > 介護職員等特定処遇改善加算

ここから本文です。

更新日:2020年3月24日

介護職員等特定処遇改善加算について

【重要】

令和2年度の介護職員等特定処遇改善加算計画書につきまして、介護職員処遇改善加算及び介護職員等特定処遇改善加算の届出様式が統合される予定となっております。処遇改善加算計画書及び特定処遇改善加算計画書は本来2月末が提出期限ですが、今回の様式改定により4月15日(水曜日)まで提出期限を延長します。2月末頃に計画書の新様式が確定する予定です。確定次第、ホームページで周知いたします。

2019年度の介護報酬改定において、介護職員等特定処遇改善加算が創設されました。これは、介護人材確保のための取組をより一層進めるため、経験・技能のある職員に重点化を図りながら、介護職員の更なる処遇改善を進めるもので、令和元年10月の消費税率引き上げに伴う介護報酬改定において対応することとされたところです。

介護職員等特定処遇改善加算を取得しようとする介護サーヒ゛ス事業者は、介護職員等特定処遇改善計画書の提出が必要となります。

賃金改善実施期間は原則4月(令和元年度にあっては10月。年度途中で加算を取得する場合、当該加算を取得した月)から翌年の3月まで。

介護職員等特定処遇改善加算に関する基本的な考え方並びに処理手順及び様式例については、介護保険最新情報vol.775(PDF:933KB)をご覧ください。

総合事業で、上記加算を算定する場合は、総合事業のみ(様式同様)の計画書の提出が必要です。

提出書類について

提出期限について

加算を取得する月の前々月の末日

令和元年度は、令和元年8月30日(金曜日)まで

実績報告について

加算を取得した介護サーヒ゛ス事業者等は、各事業年度における最終の加算の支払いがあった月の翌々月の末日までに、介護職員等特定処遇改善実績報告書を提出してください。

総合事業の上記加算の実績報告を行う場合は、総合事業のみ(様式同様)の実績報告書の提出が必要です。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

健康福祉部介護福祉課 

宇陀市榛原下井足17番地の3

電話番号:0745-82-3675/IP電話:0745-88-9088

ファックス:0745-82-7234

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?