ホーム > くらし・環境 > 上下水道 > 水道 > 職員を装った点検商法にご注意を

ここから本文です。

更新日:2020年6月1日

職員を装った点検商法にご注意を

最近、水道局から依頼されたかのような紛らわしい表現で、次のような悪質な点検商法などが起こっています。被害に遭われないように注意してください。

点検商法にご注意を!

事例1

水道の点検や水質検査をするように勧めて、高額な料金を請求する。
例「宅内の水道管のさび取りをしませんか」
例「水質検査をしませんか」

事例2

「宅地内の漏水調査に来ました」と言って、修繕の契約や工事を行い、高額な料金を請求する。

事例3

水質検査を行い、高額な浄水器を売りつける。

事例4

水道局に委託されて訪問しているように装い、蛇口を交換し高額な金額を請求する。

 

水道局では、家庭の水道管の点検や漏水調査、水質検査などを業者に委託したり、浄水器などの訪問販売を行ったりしていません。不審に思ったら、身分証の提示を求め確認をするか、水道局へお問い合わせください。

お問い合わせ

水道局総務課 

宇陀市榛原桧牧146番地の2

電話番号:0745-82-2185/IP電話:0745-88-9067・9104

ファックス:0745-82‐4073

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?