ホーム > 健康・福祉 > 子育て > その他 > こども食堂について

ここから本文です。

更新日:2022年6月24日

こども食堂について

こども食堂は、子どもたちが安心して過ごせる場所を提供する支援活動です。また、子どもの食育や居場所づくりにとどまらず、それを契機として、地域住民の交流拠点に発展する可能性があり、地域共生社会の実現に向けて大きな役割を果たすことが期待されています。

watasi

こども食堂の目的

今日、社会全体のつながりが希薄化している中で、社会的な孤独・孤立の問題の深刻化が懸念されています。こども食堂は、こうした状況下において、子どもを真ん中にした居場所をつくり、人と人とのつながりを守る活動であり、宇陀市としても、このような活動をこども食堂の運営者のほか、地域住民及び福祉関係者等に広め、こども食堂が広がり、つながることを目的としています。

sumairu

市内の活動団体

こども食堂名称 運営団体名称 主な活動エリア 開催場所 開催頻度
ときわぎキッチン 天理教常盤木分教会 宇陀市 天理教常盤木分教会、大宇陀小学校 月1回
山の子キッチン 部落解放同盟岩﨑支部 宇陀市菟田野 宇陀市人権交流センター 月1回(第2土曜日)
榛原スマイル子ども食堂 榛原スマイル子ども食堂 宇陀市 ゆぁほうむ榛原、宗佑寺、榛原農林会館 2か月に1回(土曜日)
アットホームYAMATO NPO法人大和の心を育む会 宇陀市 宇陀市中央公民館(大宇陀分館講座室) 月1回

お問い合わせ

健康福祉部こども未来課 

宇陀市榛原下井足17番地の3

電話番号:0745-82-2236/IP電話:0745-88-9080

ファックス:0745-82-3900

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?