ホーム > 診療科・部門 > 奈良肩・肘センター

ここから本文です。

更新日:2021年7月30日

奈良肩・肘センター

宇陀市立病院整形外科内に『奈良肩・肘センター』を開設しています。肩関節、肘関節の専門医が診察いたします。主な診察対象となるのは次表にあげている病気です。肩関節から上腕、肘関節から前腕の痛み、運動制限、変形、はれ、しびれ、筋力低下などの症状の方はぜひ当センターを受診してください。

 

主な診察対象疾患

1.

けが 骨折、脱臼、捻挫、打撲、筋腱断裂など

2.

慢性の病気 スポーツ障がい(野球肩など)、繰り返す肩の脱臼、五十肩、腱板断裂、関節リウマチ、しこり、はれ、熱感(感染)、痛みなど

3.

神経の病気 肩、上腕のしびれ、筋力低下など

 

1.

けが 骨折、脱臼、捻挫、打撲、筋腱断裂など

2.

慢性の病気 スポーツ障がい(野球肘など))、肘の使い痛み(テニス肘)、運動制限、関節リウマチ、しこり、はれ、熱感(感染)、痛みなど

3.

神経の病気 肘、前腕、手指のしびれ、筋力低下など

診察日担当医及び医師紹介

 

奈良肩肘センター
(整形外科)

 

 

藤井

【午前】

※肩

仲川

倉田

 

仲川(注)

今中

井上

 (注)予約者のみとなります。

 病院長

(センター長兼務)

仲川 喜之  日本整形外科学会専門医
日本リウマチ学会専門医
日本スポーツ協会スポーツドクター
日本肩関節学会代議員
日本肘関節学会会員
 医師  今中 章  日本肩関節学会会員
 非常勤医師 井上 和也 

日本整形外科学会専門医

日本肩関節学会会員 

 非常勤医師 倉田 慎平 

日本整形外科学会専門医

日本肩関節学会会員 

 非常勤医師 藤井 修平 

日本整形外科学会専門医

日本肩関節学会会員

お問い合わせ

市立病院医務課

電話番号:0745-82-0381

ファックス:0745-82‐0199

このページのトップへ