ホーム > 看護部 > 看護部ニュース > 日本看護協会ワークライフバランス(仕事と生活の調和)について

ここから本文です。

更新日:2013年11月26日

日本看護協会ワークライフバランス(仕事と生活の調和)について

宇陀市立病院は地域医療を守る自治体病院として、地域の皆様に満足度の高い医療を提供する義務があります。
しかし、そのためには、看護師の確保・人材育成および長く働き続けられる職場づくりが欠かせません。
一般的に看護師の業務は多忙であり、「時間外勤務の増加」や「休日が取れない」「プライベートが犠牲になる」などの問題も多く、そのことが定着率の低下にも繋がっています。
また、女性の社会参加が進む一方、20代から40代の女性はプライベートにおいて「結婚」「出産」「育児」にかかる割合も大きく仕事との両立が困難なため、やむを得ず離職しなければならない方も多くいることでしょう。
それらの問題を解決するために当院でも「ワークライフバランス(仕事と生活の調和)」を推進するべく、「充実したプライベート生活」と「やりがいを持って働き続けられる職場づくり」を目標に、さまざまなサポート体制を今後展開していく予定です。

働き続けられる職場づくり表(PDF:83KB)

会議風景

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

市立病院経営企画課 

宇陀市榛原萩原815番地

電話番号:0745-82-0381

ファックス:0745-82‐0654

このページのトップへ