ホーム > 看護部 > 部署紹介:外来・手術室・透析室紹介

ここから本文です。

更新日:2017年10月26日

部署紹介:外来・手術室・透析室紹介

 外来

外来紹介

外来

外来紹介

Aブロック(1階)

整形外科、外科

Bブロック(1階)

内科、眼科、神経内科、化学療法室

Cブロック(2階)

泌尿器科、小児科、婦人科、皮膚科、耳鼻科、内視鏡室、精神科、麻酔科

1階 中央点滴室(採血室)、放射線科

スタッフ紹介

看護師数:27名(パート17名含む)護助手:5名療事務:5名  ※2016年3月末時点

整形外科スタッフ

内科スタッフ

老若男女様々な患者さまに、笑顔で安全・安心の看護を提供しています。

泌尿器科小児科スタッフ 眼科スタッフ

取り組みとして

外来診療の介助、その中で日常生活上の指導・相談、また検査や手術を受ける際のなど不安を持つ患者さんや家族に対して相手の気持ちを考えた応対、迅速な処置など安心で安全な看護を実践しています。病棟との連携し、外来からの必要な情報提供や退院後の継続看護により入院から退院後まで、安心して生活を送っていただけるように取り組んでいます。また、化学療法外来では、認定看護師のカウンセリングも行い専門性を活かした看護を目指しています。

新たな外来が誕生!! 予約制

  • 禁煙外来(毎週火曜日午後2時~)

骨粗鬆症外来(毎週水曜日・木曜日・金曜日)

骨粗鬆症チーム

「ちょっとつまずいて転んだだけなのに骨が折れてしまった」など、あなたの周りで骨折した方はいませんか?
当院ではH27年4月より骨粗鬆症外来を設けており骨密度、血液検査などの検査を行い、お薬による治療,食事療法や運動療法など、骨が骨折しにくいような暮らしのサポートなども行っております。
日頃より骨が弱っているかもしれないと気になっている方、骨粗鬆症外来を受診してみてください。
3名の骨粗鬆症マネージャーが治療のお手伝いさせていただきます。

 手術室

手術室

当院は整形外科、外科、泌尿器科、眼科の手術を年間約1000件実施しています。
手術室と中央材料室を兼務しており、スタッフ11名が、誠実で心のこもった看護サービスの提供を目標としています。
そして、スタッフ一人一人が「看護とは・・・」にいつもこだわり続けていきたいと考えています
手術室スタッフ
手術室現場1 手術室では、スタッフ全員が安全対策、感染防止を意識して、円滑に手術が行われるよう取り組んでいます。
手術中は、必ず患者さまのそばに付き添い、安心して手術を受けていただけるようにしています。
中央材料室では、器械洗浄、滅菌を行っています。安全な手術器械の提供と滅菌の質の保証を実践しています。 手術室4

手術室5

定期的に勉強会を開催し、手術室看護の専門的知識と技術の向上に努めています。

 人工透析室

 人工透析とは、腎炎、高血圧、糖尿病などにより腎臓が機能しなくなった人に対して、腎臓の代わりに機械を使って血液中の老廃物や水分を取り除く治療です。

人工透析室 

人工透析室紹介

 当院の透析室は地域の基幹病院として、常勤医の杉原医師が中心となり看護師・臨床工学技士と連携して治療にあたっています。透析ベッド数は30床あり、ゆったりとしたベッド配置です。透析室では、安全管理、感染対策を徹底し良い透析が提供できるように取り組んでいます。外来だけでなく、手術目的での入院や、様々な合併症などで入院が必要な場合など当院で入院しながらの透析治療を受けて頂くことが出来ます。持続緩徐式血液濾過療法、血漿交換療法、血液吸着療法、腹水濾過濃縮再静注法など、特殊な血液浄化療法にも対応しています。

透析室紹介

透析室のご案内

1.透析室利用時間 月曜~金曜日 9時~17時15分
2.設備:個別液晶テレビ/更衣室あり・ロッカーあり/駐車場あり
3.食事:治療食1食540円(管理栄養士による栄養指導を行なっております)

専門性の高い看護の提供

 私たちは、安全、安楽な透析治療の提供はもちろん、患者様がより質の高い生活を送れるよう支援することを目標に、透析看護認定看護師とフットケア指導士が中心となり、専門性の高い看護の提供に取り組んでいます。

専門性の高い看護の提供

主な取り組み

  • 患者様の足病変を予防するためにフットケア指導士が中心となり、定期的にフットケアを行っています。
  • 糖尿病を原因とした慢性腎臓病の患者様に、腎臓病の進行を遅らせて血液透析の導入を回避または延期することを目的として糖尿病透析予防患者指導を外来で行っています。
  • 常に新しい透析医療に関する専門的知識を習得し、質の高い看護を提供するため研修会・学会への参加や定期的な勉強会の開催を行っています。
    気になる事があれば気軽にスタッフに声をおかけください。
スタッフ全体

 

大切な腎臓を守るために

平成29年4月から「糖尿病透析予防外来」を始めました。糖尿病透析予防外来とは医師の診察後、管理栄養士・透析看護認定看護師が患者様ひとりひとりに対し、腎臓を守るために日常生活や食事などのお話を個別でさせていただきます。

対象となる方は現在、糖尿病で椎木医師の外来通院中で、

  • 糖尿病のお薬をのんでおられる方
  • インスリンを注射されている方です(対象の方には外来でお声をかけています。 )

受診日に合わせ、予約いたします。藤井科長と高谷さん

大切な腎臓を守るために(PDF:86KB)

糖尿病透析予防外来担当

管理栄養士 藤井智津子  透析看護認定看護師 高谷 和志

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

市立病院 看護部
電話番号 0745-82-0381
ファックス番号 0745-82-0654

このページのトップへ