ホーム > 外来診療の方へ > 院外処方について

ここから本文です。

更新日:2017年10月1日

院外処方について

宇陀市立病院では、外来のお薬はすべて「院外処方」です。

当院においては、外来の診察が終わった後お薬をもらう場合は、院外の保険薬局へ当院発行の「院外処方せん」を提出していただき、そちらの薬局で薬を受け取っていただく「院外処方」となっております。
院外処方は、「診断と治療は医師が行い、薬は院外の保険薬局で受け取る」という政府の医薬分業政策の流れに沿うものです。
医師が患者さんを診察し、薬が必要な場合は院外処方せんを発行しお渡しします。患者さん、またはご家族の方は、ご希望の保険薬局に院外処方せんを持って行って薬を受け取り、薬代をお支払いいただくことになります。
保険薬局では、薬の飲み方、効能、副作用、市販薬との飲み合わせなどについての詳しい説明をすることが義務付けられているので、患者さんにとっては薬に関するきめ細かなサービスが受けられるというメリットがあります。
一方では、現行の診療報酬では若干薬代が高くなることや、院外薬局に行く不便さが生じることも事実です。しかし、副作用の未然防止や重複投与のチェックなど、より安全で効果が充分に得られるような薬物療法を進めるためには、医薬分業は大変効果的な方法です。

  • Q1:支払いはどうすればいいの?
  • A1:病院では診察や検査などの分の支払いをしていただき、薬の会計は保険薬局でしていただきます。
  • Q2:薬を受け取れる薬局は?
  • A2:「保険薬局」「調剤薬局」「処方せん受付」などの表示がある薬局なら、全国どこでもご利用になれます。ご希望の保険薬局を「かかりつけ薬局」に選んでご利用されることをお勧めします。
  • Q3:お薬だけほしい場合、診察を受けなくても薬局で調剤できますか?
  • A3:いいえ、それはできません。薬剤師は、医師の診断の結果、症状に応じて出された処方せんにもとづき調剤しますので、その都度、受診しなければなりません。
  • Q4:処方せんは、代理の者が持って行っても調剤できますか?
  • A4:処方せんがあれば、ご本人でなくてもかまいません。ご家族の方などが処方せんをお持ちになっても、調剤できます。

宇陀市内では現在、次の薬局が開設されています。

  1. たんぽぽ薬局(市立病院周辺)
  2. サン薬局(市立病院周辺)
  3. にった薬局(市立病院周辺)
  4. くすのき薬局(市立病院周辺)
  5. やまぐち薬局(榛原萩原)
  6. いずみ薬局(菟田野松井)

お問い合わせ

市立病院経営企画課 

宇陀市榛原萩原815番地

電話番号:0745-82-0381

ファックス:0745-82‐0654

このページのトップへ