ホーム > くらし・環境 > 上下水道 > 水道 > 漏水や凍結に注意を

ここから本文です。

更新日:2018年1月20日

漏水や凍結に注意を

  • 冬季は、水道管凍結による破損や器具の故障が頻発します。気温が氷点下になることが予想される時には、早いめの水道管や器具への防寒対策をお願いします。
  • 長期間水道を使用しない場合には、自ら止水栓を閉じるか水道局に閉栓依頼をして、漏水防止に努めてください。

漏水

漏水は、大切な水を無駄にするばかりでなく、ご家庭での水道料金負担も大きくなります。

じゃ口からポタポタ漏水 じゃ口から糸状の漏水 水洗便所のちょろちょろ漏水
蛇口からポタポタ漏水 蛇口から糸状の漏水で 水洗便所のちょろちょろ漏水で
→1カ月1立方メートル →1カ月6立方メートル →1カ月1立方メートル~20立方メートル

蛇口からの漏水

蛇口からの漏水は、ほとんどの場合パッキン等を取り替えるだけで直ります。

水道メーターボックス内の漏水

この漏水を発見したら、至急修理が必要ですので水道局へご連絡ください。

水洗便所などの漏水

便器の中を、いつも水が流れているときは漏水です。すぐに修理するようにしましょう。

凍結

冬になって気温がマイナス4度以下になると、給水管や水道メーター、蛇口が凍って水が出なくなったり、破裂するなどの事故が多発します。寒さは水道の大敵です。冬場は、早い目に水道の寒さ対策をお願いします。

凍結しやすいところ

  • 北向きのところにあるもの
  • 風当たりの強いところにあるもの
  • 屋外にあるもの
  • むきだしになっているもの、またはビル等の中高層建物の受水槽(高架水槽)やこれに水を送る管

凍結の予防

/suidou-soumu/kurashi/suidou/suidou/images/i_fuyujitaku.gif

  • 給水管や蛇口には、布切れや毛布、あるいは専用の保温材を巻き、濡れないように上からビニールテープを隙間なく巻いてください。
  • メーターボックス内には、ビニール袋などに発砲スチロールや布切れを入れて保温材としてご使用ください。
  • ご家庭で全自動洗濯機をご使用になっている場合には、夜中に洗濯予約をされることで水を動かすことにとになり、節水にもつながり効果的です。

凍結で水が出ないとき

蛇口をあけ、凍った部分にタオルをかぶせ、蛇口の方からぬるま湯をまんべんなくゆっくりかけてください。熱湯を急にかけたりすると、ヒビ割れや破裂をおこす場合があります。

破裂等故障した場合には

破裂等で水道が故障したときは、布切れなどを巻き水が飛び散らないように押えてから、メーターボックス内の止水栓を右に回して水を止めるとともに、宇陀市指定給水装置工事事業者へ修理をお申し込みください。
宇陀市指定給水装置工事事業者名簿のページへ

お問い合わせ

水道局総務課 

宇陀市榛原桧牧146番地の2

電話番号:0745-82-2185/IP電話:0745-88-9067・9104

ファックス:0745-82‐4073

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?