ホーム > 市政情報 > 施策・計画・プラン > 行政改革 > 市へ提出される申請書等への押印の見直しについて

ここから本文です。

更新日:2021年10月18日

市へ提出される申請書等への押印の見直しについて

見直し方針

本市では、第4次宇陀市行政改革大綱の重点取組項目であるスマート宇陀の推進を実現するため、市民から提出される申請、届出等の行政手続について、押印の見直しを行うことにより、市民の利便性の向上を図るとともに、国が推進している行政手続のオンライン化を見据え、押印の省略を令和3年11月1日から段階的に実施していきます。

押印を省略することができる手続

押印を省略することができる手続一覧(PDF:1,052KB)(令和3年11月1日現在)

  • 各種補助金申請書、利用申請書など

押印を必要とする手続

押印を必要とする手続一覧(PDF:491KB)(令和3年11月1日現在)

  • 契約関係書類(契約書、見積書、請求書など)、第三者に押印を求めている書類、登記印・登録印の押印を求め印鑑証明書等と照合するものなど
  • 国、県の法令・条例等で押印が義務付けられているものや、契約書、請求書等については現時点では省略対象外ですが、国の対応等に合わせ、引き続き省略を検討していきます。

押印を代替えする手段について

申請者の本人確認や文書の真正性担保のため、マイナンバーカードや運転免許証などの本人確認書類を提示していただき、本人であることを確認させていただく場合があります。

その他

  • 押印を省略する申請書等について、既に配布されている様式に押印欄があるものについて、押印せずにそのまま提出することができます。
  • 個別の手続に関することは、所管部署にお問い合わせください。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

総務部総務課行政改革推進室

宇陀市榛原下井足17番地の3

電話番号:0745-82-1302/IP電話:0745-88-9068

ファックス:0745-82-3900

個別の手続に関することは、所管部署にお問い合わせください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?