ホーム > 施策・支援情報 > 補助金・助成金 > 宇陀市新型コロナウイルス感染症対策緊急支援事業補助金について

ここから本文です。

更新日:2022年12月1日

宇陀市新型コロナウイルス感染症対策緊急支援事業補助金について

新型コロナウイルス感染症の影響により売上(事業収入)が減少した事業者が、事業の継続や再開に向け、緊急に行う事業活動に要する経費を補助します。

概要

申請期間

令和4年6月1日から令和4年11月30日12月31日まで。ただし、令和5年2月末日までに事業が完了し、市に実績報告書を提出できるものに限ります。
※予算が上限に達した場合、早期に終了する場合があります。

申請場所(申請書の提出は宇陀商工会です。)

宇陀商工会
宇陀市榛原萩原160番地の1
電話番号:0745-82-2211
ファックス:0745-82-6547

補助金の額

  • 事業を実施する補助対象経費(消費税を除く)の合計額に2分の1を乗じた金額を補助します。(上限30万円)

補助対象者

  • 中小企業支援法(昭和38年法律第147号)第2条第1項第1号から第3号に規定する中小企業及び中小企業者と同等と認められる者(中小企業者等)
  • 市内に事業所を有する者
  • 令和2年度及び令和3年度に同補助金の交付を受けていない事業者

対象事業

新型コロナウイルス感染症の影響を受けて、新たに取り組む次の1.、2.のいずれか又は両方の事業が対象で、「新しい生活様式」を踏まえた内容としてください。

1.売上回復対策
新たな受注先や販売先の獲得につながる事業や売上回復のための生産性向上の事業

《例示》
インターネット販売・予約システムの構築、販売促進イベント、SNSを活用した広告宣伝、クラウドファンディングの活用による新規顧客開拓、売上アップのための業務システムや製造設備の導入等

  • 今回の新型コロナウイルス感染症の感染拡大により事業活動に支障が生じ、その対応として行う新たな売上回復対策に係る事業であることが必要です。
  • その対応とは直接関係のない業務システムや設備の導入・更新、通常実施されている販売促進活動等は対象となりません。

2.感染防止対策
事業活動において顧客や従業員を感染から守るための事業

《例示》
商用車へのアクリルパーテーションの設置、サーモグラフィーの購入、レジのキャッシュレス対応、空気清浄機の購入、テレビ会議システムの導入、テレワーク環境の整備、非接触・非対面型機器の導入等

  • 今回の新型コロナウイルス感染症の感染拡大により事業活動に支障が生じ、その対応として行う新たな感染防止対策に係る事業であることが必要です。
  • 通常行う設備・備品・消耗品等の買替え・補充や、法律等で義務付けられている設備・備品を整備する場合は対象となりません。

申請書類

  • 補助金交付申請書(様式第1号PDF:270KBword
  • 事業計画(事業結果)書兼事業収支予算書(決算)書(様式第2号PDF:110KB)word
  • 事業収入(売上)を得ていることが確認できる書類(確定申告書の写し又は直近の売上台帳の写し)
  • 経費の積算根拠が確認できる書類(見積書等の写し)
  • 誓約書(様式第3号PDF:105KB)word
  • 納税等確認承諾書(様式第4号(PDF:68KB)word)又は納税証明書(市外に住所又は本社を有する補助対象事業者の場合)
  • その他、市長が必要と認めるもの

報告書関係

宇陀市新型コロナウイルス感染症対策緊急支援事業補助金の交付決定通知を受け、事業が完了した事業者につきましては下記の報告書等を令和5年2月末日までにご提出いただく必要があります。

  • 事業実績報告書(様式第8号)(wordPDF
  • 事業報告書兼事業収支決算書(様式第9号)(word)(PDF)
  • 経費の精算根拠が確認できる書類(領収書等)
  • 設備、機器等を導入した場合、その写真
  • 交付請求書(様式第11号)(word)(PDF

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

農林商工部商工産業課 

宇陀市榛原下井足17番地の3

電話番号:0745-82-5874/IP電話:0745-88-9075 

ファックス:0745-82-8211

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?