ホーム > くらし・環境 > 住まい > 空き家対策・起業者支援補助金

ここから本文です。

更新日:2017年2月3日

空き家対策・起業者支援補助金

空き家活用補助金

 

補助対象者

  1. 空き家を購入や賃貸した日から1年を経過していないこと
  2. 市内で引き続き2年以上事業を営むものであること
  3. 事業に関して自治会等の理解を得ていること
  4. 空き家を賃貸している場合、所有者の承諾を得ていること
  5. 市税等の滞納がないこと
  6. 暴力団等と社会的に非難されるべき関係を有するものでないこと

補助対象経費

1.施設改修

施設の機能、性能を維持又は向上させるため、施設の一部を修繕、補修、模様替え等の工事費。ただし、市内の事業所と契約を締結して行う工事であり、建築基準法等の法令に反しないこと。また、次に掲げる工事費は対象外

  1. 駐車場の工事
  2. 空き家と別棟の倉庫の工事
  3. 造園、門扉、塀又は外構のみの工事
  4. 下水道への接続のみの配管工事
  5. 合併処理浄化槽設備工事
  6. 内装工事を伴わない電気製品及び照明器具の取替え工事
  7. その他市長が補助金の交付が適当でないと認める工事

2.設備投資

自己の事業活動に用いる有形固定資産に対して行う投資で、次の要件をすべて満たす経費

  1. 取得価格が1つにつき10万円以上であること
  2. 直接的に事業の用に供するものであること
  3. 中古品又はリース契約に基づくものでないこと
  4. その他市長が必要と認める経費

3.家財道具処分

空き家に残存する器具、家具、衣類等の搬出、廃棄に要する経費

4.家賃補助

空き家を所有者と賃貸借契約する場合は、12月分の家賃

補助額

補助の種類

補助対象経費の上限額

補助率

1.施設改修

400万円(ただし、施設改修及び設備投資の合計額)

  • 宇陀市まちづくり協議会_3分の2
  • 市内に住所又は本社を有する者_2分の1
  • 市外に住所又は本社を有する者_3分の1

2.設備投資

3.家財道具等処分

20万円

4.家賃補助

36万円(12ヶ月)

補助金の申請

補助金の申請は、空き家の売買契約又は賃貸借契約を締結した日から1年以内に、改修工事等に着手する前までに宇陀市役所まちづくり支援課へ申請してください。申請には要件がありますので、詳しくは担当課までお問合せください。

申請書

  1. 補助金交付申請書(様式第1号)●PDFword
  2. 事業収支予算書(様式第2号)●PDFword
  3. 納税等確認承諾書(様式第3号)●PDFword
  4. 補助金交付申請書(家賃)(様式第4号)●PDFword
  5. 事業計画変更(中止)承認申請書(様式第6号)●PDFword
  6. 事業実績報告書(様式第8号)●PDFword
  7. 事業報告書(様式第9号)●PDFword
  8. 事業収支決算書(様式第10号)●PDFword
  9. 補助金交付請求書(様式第12号)●PDFword

その他の補助金

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

企画財政部まちづくり支援課 

宇陀市榛原下井足17番地の3

電話番号:0745-82-3910/IP電話:0745-88-9094

ファックス:0745-82-3900

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?