ホーム > 健康・福祉 > 子育て > ひとり親家庭 > 児童扶養手当(ひとり親家庭)

ここから本文です。

更新日:2020年4月23日

児童扶養手当(ひとり親家庭)

父母の離婚、父母が重度の障がい、婚姻によらない出生などの理由により、父または母と生計を同じくしていない子どもを養育する家庭(ひとり親家庭)の生活の安定と自立の促進に寄与し、子どもの福祉の推進を図ることを目的として手当を給付する制度です。

対象

18歳到達後、最初に迎える3月31日までのひとり親家庭児童(児童に法令で定める程度の障がいがある場合は20歳)を監護・養育する方。

月額

令和2年4月から

区分

児童1人

児童2人目の加算額

児童3人目以降の加算額

全部支給 43,160円 10,190円 6,110円
一部支給 10,180円~43,150円 5,100円~10,180円 3,060円~6,100円
  1. 所得制限があります。
  2. 手当ての受給から5年を経過するなどの要件に該当し、就業などの一定の条件に該当しない方は、手当の額が最大2分の1減額されます。なお、一定の要件に該当する方が所定の手続きをされた場合は減額されません。
  3. 手当ての額は、法改正により変動する場合があります。

お問い合わせ

健康福祉部こども未来課 

宇陀市榛原下井足17番地の3

電話番号:0745-82-2236/IP電話:0745-88-9080

ファックス:0745-82-3900

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?