ホーム > くらし・環境 > 防災 > 防災対策 > 防災訓練 > 5月30日(日曜日)は『家庭で災害に備える日』

ここから本文です。

更新日:2021年4月15日

5月30日(日曜日)は『家庭で災害に備える日』

令和3年5月30日(日曜日)は、ご家族で防災の日として、災害に備える家族防災会議や家庭内及び、近隣の危険箇所の点検などをいま一度行っていただきますようお願いいたします。

ご家庭で次のことを話し合ってみてください

  • 地震が起きた時、家の中でどこが一番安全ですか。
  • 家具類などは固定してありますか。転倒、移動、落下しませんか。
  • ご自宅のブロック塀や石垣などに倒壊の危険はありませんか。
  • 避難場所までの避難路は安全ですか。
  • 災害時に備えた食料・飲料水・非常用物品の保管場所や消費期限などを確認しましょう。
  • 被災したときに、家族間の連絡方法や最終的に落ち合う場所はどこですか。

新型コロナウイルスを意識した、災害対応の準備をしてください

分散避難について

避難所は、地震等による被害が発生し、あるいは発生するおそれがあり、被害の拡大が懸念される等、市民の生命、身体に危険を及ぼすと判断した場合に開設されます。

しかし、避難所は共同生活のため、プライバシーを守ることも難しく、居住スペースにも限りがあり、新型コロナウイルス感染症などの感染症がまん延している状況では、感染のリスクが高まることも考えられます。

在宅避難のお願い

自身と自宅の安全が確保できたならば、住み慣れた自宅での生活を続ける「在宅避難」をお願いします。

避難所以外への避難の検討

可能な場合には親族、友人・知人宅・ホテルなど避難所以外の場所へ避難することも検討しておきましょう。

避難所について

建物が被害を受け自宅にいることが危険な場合や、自宅が洪水で流されるなどの危険が迫っている場合は、ためらわず避難場所などの安全な場所へ避難して下さい。

お問い合わせ

総務部危機管理課 

宇陀市榛原下井足17番地の3

電話番号:0745-82-1304/IP電話:0745-88-9070

ファックス:0745-82-3900

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?