ここから本文です。

更新日:2022年7月26日

5.過去にHPVワクチンを自費で接種をした方への助成について

定期接種の対象年齢である高校1年生となる年度の末日(3月31日)を過ぎてHPVワクチンを自費で受けた方への接種費用を助成します。対象となる方は、宇陀市役所健康増進課まで申請書類をご提出ください。

対象者

令和4年4月1日時点で宇陀市に住民登録のある平成9年(1997年)4月2日~平成17年(2005年)4月1日に生まれた女性で以下の条件を満たす方。

  1. 16歳となる日の属する年度の末日までにヒトパピローマウイルス感染症に係る定期接種において3回の接種を完了していない方。
  2. 17歳となる日の属する年度の初日から令和3年度の末日までに日本国内の医療機関で「組換え沈降2価HPVワクチン」又は「組換え沈降4価HPVワクチン」の任意接種を受け、実費を負担した方。

助成の期間・回数・費用

助成期間

令和4年4月から令和7年3月までの3年間

助成回数

最大3回接種分まで

助成費用

接種を行った医療機関に対し支払った接種費用※領収書がない場合は市の定める額となります

申請方法

下記申請書類を宇陀市役所健康増進課に提出してください。

申請書類

  1. 任意接種償還払い申請書(対象の方には送付しています)
  2. 予診票の控えや接種済証等接種が証明できるもの
  3. 領収書(原本)
  4. 申請用証明書(ヒトパピローマウイルス感染症に係る任意接種償還払い申請用証明書(PDF:62KB)【記載例】(PDF:110KB)⇒必要な方のみ。下記ご参照ください。)

2および3の書類が整わない場合、4.申請用証明書(ヒトパピローマウイルス感染症に係る任意接種償還払い申請用証明書)に接種を行った医療機関からの証明を受けて、健康増進課に提出してください。

ページの先頭へ戻る

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

健康福祉部健康増進課 

宇陀市榛原下井足17番地の3

電話番号:0745-82-3692/IP電話:0745-88-9087

ファックス:0745-82-7234

中央保健センター
〒633-0315宇陀市室生大野3776の1
電話0745-92-5220/IP電話0745-88-9175
FAX0745-92-5223

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?