ホーム > 健康・福祉 > 医療・健康 > 救急・医療情報 > 宇陀地域医療介護連携ICT(ネットワーク)の推進について

ここから本文です。

更新日:2018年3月7日

宇陀地域医療介護連携ICT(ネットワーク)の推進について

医療と介護の情報連携ネットワークの構築を進めています

誰もが健康で幸せと思えるまちづくり(地域包括ケアシステム)

市の重点政策の一つに「健幸都市”ウェルネスシティ宇陀市”」があり、この取り組みの一環で、市民の皆さんが、できる限り住み慣れたこの地域で、自分らしい暮らしを人生の最期まで続けることができるよう、「住まい」「医療」「介護」「予防」「生活支援」が一体的に提供されるよう『地域包括ケアシステムの構築』を進めています。このシステムが、より便利に効率的に展開されることを目的として、平成28年秋より奈良県のモデル地域の指定を受け、ICT(情報通信技術)を活用した医療介護連携ネットワーク【宇陀地域医療介護連携ICT導入検討事業】(宇陀地域の福祉・医療及び介護の関係機関を情報共有連携できるように繋げる仕組)を展開しています。

医療介護連携ICT(ネットワーク)とは

より良い医療介護を展開していくために、ICTを活用して、みなさんの健康、医療や介護の情報(例:病院や診療所での診察状況、薬局でのお薬の情報、介護サービスを利用されている状況、在宅生活の中での医療介護の情報など)を、医師、歯科医師、看護師、訪問看護師、薬剤師、介護関係者など当地域での医療介護従事者が連携して、健康医療介護共有情報を作成します。そして、その情報を各関係機関で活用することで、質の高い医療介護サービスの提供を目指すものです。

ICTのイメージ

みなさんにとってのメリットは?

みなさんの健康や医療、介護などの情報を、関係するこの地域の医療介護従事者が共有することで、より効率的に質の高い切れ目のない安心したサービスの提供を受けることができます。

このネットワークシステムはいつから稼働しますか?

現在この取り組みにあたり、宇陀市、宇陀地区医師会をはじめ、宇陀市立病院、辻村病院、済生会中和病院、宇陀市歯科医師会、薬剤師会、訪問看護、ケアマネージャー、介護施設、介護サービス担当者などが集まり、宇陀地域医療介護連携ICT導入検討協議会を設立し協議を重ねています。昨年9月には、宇陀地域においても、このICTを活用したネットワーク構築を推進することを決定しており、平成30年秋に試行稼働を予定しています。

市民健康

※宇陀地域医療介護連携ICT導入スケジュール概要(PDF:164KB)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

健康福祉部健康増進課 

宇陀市榛原下井足17番地の3

電話番号:0745-82-3692/IP電話:0745-88-9087

ファックス:0745-82-7234

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?