ホーム > くらし・環境 > ごみ・リサイクル > ゴミの出し方について

ここから本文です。

更新日:2021年5月1日

ゴミの出し方について

<おねがい>

袋の口をしっかり縛り、ゴミが露出していない状態で出してください

ごみ袋1 ごみ袋2
丸 丸

 

(注)下記の状態のゴミは収集できません。
袋の口を縛っていない 縛ってあるがゴミが露出している テープやヒモでとめている
ごみ袋3 ごみ袋4 ごみ袋5
バツ バツ バツ

 

ごみ袋6

感染源となる恐れがあるもの(使用済みのマスクやティッシュペーパー等)は小袋に入れ、しっかりと封をしてから、可燃ごみ(生ごみ)袋に入れてください。

 

全国的に新型コロナウイルスが流行しています。

市民の皆様におかれましては、以前より感染予防対策を心がけていただいているところですが、ゴミの出し方についても引き続き、次のとおりご協力をお願いいたします。

ゴミを出される場合は、ゴミ袋の口をしっかり縛って、ゴミ出し時や収集時に中身が出ないようにしておいてください。ゴミを多く入れてテープやヒモでとめると、収集車の中で破裂する可能性がありますので、おやめください。特に、感染源となる恐れがあるもの(使用済みのマスクやティッシュペーパー等)を捨てる場合は、ビニール袋に入れて封をした上で、可燃性ゴミ(生ゴミ)袋に入れて出してください。

また、鳥などの動物に荒らされないように、防護ネットやポリバケツ等で対策を講じてください。

使用済みのペットボトルは、キャップとラベルを外し、水で洗浄してから指定袋に入れ、しっかりと口を縛って出していただくようにお願いいたします。

お問い合わせ

市民環境部環境対策課 

宇陀市榛原下井足17番地の3

電話番号:0745-82-2202/IP電話:0745-88-9078

ファックス:0745-82-7234

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?