ホーム > くらし・環境 > 保険・年金 > マイナンバーカードが被保険者証(健康保険者証)として利用できるようになります(令和3年10月予定)

ここから本文です。

更新日:2021年4月30日

マイナンバーカードが被保険者証(健康保険者証)として利用できるようになります(令和3年10月予定)

お手持ちのマイナンバーカードが医療機関等で被保険者証として利用できるようになります。利用には事前に登録が必要となり、登録の申し込みはマイナポータルサイト(外部サイトへリンク)で行うことができます。

なお、マイナンバーカードの被保険者利用にはICチップの中の「電子証明書」を使うため、マイナンバー(12桁の数字)は使われません。医療機関等の受付窓口でマイナンバーを取り扱うことはありません。

マイナンバーカードを被保険者証として利用できるメリットは?

就職・転職・引越をしても被保険者としてずっと使えます

就職・転職・引越をしても保険証の切替を待たずにマイナンバーカードで医療機関等を受診できます。

ただし、保険者(市町村、あるいは健康保険組合など社会保険)への加入・脱退の届出は引続き必要です。

医療機関等の受付窓口へ書類の持参が不要になります

オンラインによる医療保険資格の確認により、高額医療費の限度額適用認定書などの持参が不要となります。

特定健診情報や薬剤情報・医療費が確認できます

マイナポータルでご自身の特定健診情報や薬剤情報を見ることができるようになります。

確定申告の医療費控除が簡単にできます

令和3年度分所得税の確定申告から医療費控除の手続きにおいて、マイナポータルを通じて自動入力が可能となります。

マイナンバーカードを被保険者証(健康保険証)として利用する事前登録について

マイナンバーカードを被保険者証として利用するには、事前に登録が必要です。登録の申込は、パソコンやスマートフォン等を利用してマイナポータルサイト(外部サイトへリンク)で行っていただくことになります。

また、市役所(ふるさとテラス)及び各地域事務所において、マイナポータル用端末による登録支援を行っております。宇陀市国民健康保険、後期高齢者医療制度だけでなく、他の健康保険に加入されている方もお手続きができます。マイナンバーカードと、カード取得時に設定いただいた4桁の暗証番号(利用者証明用電子証明書暗証番号)が必要です。ただし、来庁されるご本人様分のみ登録可能です。

注意事項

  1. 現在お持ちの被保険者証は有効期限まで今後も引続き利用することができます。
  2. カード取得時に設定いただいた4桁の暗証番号(利用者証明用電子証明書暗証番号)についてご不明の点は宇陀市役所市民課にご相談ください。
  3. マイナポイント申請時に被保険者証の登録手続きを行った方は手続き不要です。

マイナーポータル等のお問い合わせ

マイナンバー総合フリーダイヤル(0120-95-0178)

平日午前9時30分から午後6時30分まで

参考

「マイナンバーカードの保険証利用」リーフレット(PDF:2,200KB)

厚生労働省ホームぺージ【マイナンバーカードの保険証利用についてお知らせします(被保険者向け)】(外部サイトへリンク)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

市民環境部保険年金課 

宇陀市榛原下井足17番地の3

電話番号:0745-82-3672/IP電話:0745-88-9086

ファックス:0745-82-7234

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?