ホーム > イベントカレンダー > 壬申の乱1350年記念企画展示~「天武・持統朝と宇陀2022」~

ここから本文です。

更新日:2022年6月30日

壬申の乱1350年記念企画展示~「天武・持統朝と宇陀2022」~

令和4年(2022年)は、古代最大の内乱である「壬申の乱」から1350年の年にあたり、奈良県内では、これを記念して、様々な取り組みが行われます。
宇陀市でも、「天武・持統朝と宇陀2022」とした企画展示を期間限定で行います。
ぜひ、お越しください。

江戸時代の後半、天保2年(1831年)に、宇陀市榛原八滝の山中で、ガラス製の骨壷が入った金銅壷、名前や地位、死亡日などが刻まれた墓誌が入った銅箱、計4点が発見されました。墓誌に刻まれた文字から、飛鳥時代の「壬申の乱」で活躍した、文祢麻呂(ふみのねまろ)のお墓であることが判明しました。これらの出土品は、現在、東京国立博物館所蔵品として、国宝に指定されて、宇陀市では、このレプリカを所蔵しています。「壬申の乱」は、西暦672年におこった天智天皇の子である大友皇子と天皇の弟である大海人皇子との皇位継承をめぐる内乱です。

日本書紀には、吉野宮を出発した大海人皇子の一行が、宇陀、伊賀、伊勢を経て、美濃に入り、大友皇子に勝利し、その後即位して、天武天皇となります。

今回の展示では、文祢麻呂墓出土品のレプリカをはじめ、宇陀市での「壬申の乱」の動きが分かるパネル展示や同時期の遺構からの出土資料を加えて紹介します。

「天武・持統朝2022」

文祢麻呂出土品

開催日時

2022年7月1日から2022年11月13日  9時~17時/火曜日・祝日休館

場所

名称

宇陀市榛原総合センター

住所

宇陀市榛原2610-1

電話番号

0745-82-3377

ホームページ

宇陀市榛原総合センター

対象

どなたでも見学できます。

費用

無料

申込方法

特に申込みは不要です。

備考

休館日については、ご確認ください。

お問い合わせ

教育委員会事務局文化財課 

宇陀市榛原下井足17番地の3

電話番号:0745-82-3976/IP電話:0745-88-9365

ファックス:0745-82-3900

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?