ここから本文です。

常盤御前

源義経の母で源義朝の妻である常盤御前は、夫が戦に敗れ没したあと、追手を逃れ、吉野から菟田野下芳野へ幼子3人(今若・乙若・牛若)を連れて隠れていた。やがて自分の母が平清盛の手に捕らえられ、3人の幼子の命も危うくなったため、母子の命を救うために自ら京の六波羅へ赴き、刑に就いて母を赦されんことを乞うたという。その逃亡の道すがらに常盤御前の伝承地が多く残っている。

雪中の母子愛常盤御前

 

常盤御前のゆかり地

腰かけ岩

常盤御前腰掛岩

逃亡の道すがら腰をかけ疲れをいやしたという岩。

妙香寺妙香寺

 

源義経の娘妙香禅尼が開基。夫である源頼政が没した後出家し、下芳野に草庵を結び、仏道に精進した。祖母にあたる常盤御前の念持仏が保在されている。

常盤屋敷・井戸跡

吉野から菟田野下芳野に逃れたとき、岸の岡というところに足を留めていた。この辺りは常盤屋敷と呼ばれ、ゆかりの井戸も残る。

お問い合わせ

農林商工部商工観光課 

宇陀市榛原下井足17番地の3

電話番号:0745-82-2457/IP電話:0745-88-9081

ファックス:0745-82-8211

  • 冊子宇陀の記紀・万葉
  • イベント情報
  • PR動画
  • 八ッピーのつぶやき
  • 特産品・名産品

このページのトップへ