ホーム > くらし・環境 > 防犯・安心情報 > 交通安全 > 奈良県自転車条例が施行されます!

ここから本文です。

更新日:2020年1月31日

奈良県自転車条例が施行されます!

本年4月1日から、奈良県自転車条例(奈良県自転車の安全で適正な利用の促進に関する条例)が施行され、自転車の保有者や使用者に自転車損害賠償責任保険等への加入等が義務化されるほか、65歳以上の高齢者には自転車を運転する際にヘルメット着用の努力義務が課されます。

自転車は、正しく利用しなければ危険な車両であることを認識し、ルールとマナーを守って安全に利用しましょう。

自転車損害賠償責任保険等への加入義務について

自転車は、免許を必要とせず子どもから高齢者まで気軽に乗れる乗り物ですが、れっきとした車両ですので、歩行者等と衝突すれば交通事故となり、その結果、重傷事故や死亡事故につながれば、過失割合に応じて莫大な金額の損害賠償が求められることもあります。

子どもが運転する自転車も例外ではなく、現実に1億円近い賠償金を保護者が求められた事例も発生しています。子ど自転車事故

このような金銭的なリスクに対応するために、自転車保険の加入義務が課せられることになりました。

自転車損害賠償責任保険には、TSマークなど自転車向け保険のほかに、自動車保険や火災保険等の特約などで加入済みの場合や、わずかな負担で加入することが可能な場合もありますので、現在ご加入の保険会社等にご確認ください。

高齢者のヘルメット着用の努力義務について

高齢者ヘルメット自転車乗車中の死亡事故の多くは頭部損傷によるもので、その3分の2を65歳以上の高齢者が占めています。

自身の命を守るために、65歳以上の高齢自転車運転者に、頭部を守るヘルメットの着用が努力義務として課せられることになります。

高齢者ご本人の意識付けはもちろんのこと、ご家族の方々も、ヘルメットの確実な着用を勧めてください。

その他の義務等

条例では、その他、

  • 県・自転車所有者等の責務
  • 県民・事業者・交通安全団体等の役割
  • 学校等による自転車交通安全教育の努力義務
  • 自転車の点検及び整備
  • 自転車貸付業者や自転車小売業者に対する義務等

等について定められています。

詳しくは→奈良県自転車条例(外部サイトへリンク)

自転車安全利用五則とは

1.自転車は車道が原則、歩道は例外

軽車両である自転車は、歩道と車道の区別のある道路では、原則として車道を通行しなければなりません。

歩道を通行できるのは、以下の場合に限られます。

  • 道路標識や道路標示によって歩道を通行することができることとされているとき

    自転車通行可標識

  • 13歳未満の子ども
  • 70歳以上の高齢者
  • 車道通行に支障がある身体障害者
  • 車道又は交通の状況に照らして、自転車の通行の安全を確保するため、歩道を通行することがやむを得ないと認められるとき

五則1

2.車道は左側を通行

自転車は、道路の左側の端に寄って通行しなければなりません。

五則2

3.歩道は歩行者優先で、車道寄りを徐行

歩道では、中央から車道寄りの部分を徐行しなければなりません。

また、歩行者の通行を妨げることになる場合は、一時停止をしなければなりません。

五則3

4.安全ルールを守る

飲酒運転の禁止

自転車も飲酒運転は禁止です。酒酔い運転の場合は5年以下の懲役または100万円以下の罰金に処せられる場合があります。

二人乗りの禁止

自転車の二人乗りは禁止です。ただし、運転手が16歳以上で、かつ以下の場合は二人又は三人で乗ることができます。

  • 二人乗りできる場合二人乗り
  1. 幼児(6歳未満の者)を幼児用座席に乗車させている場合
  2. 幼児をひも等で確実に背負っている場合
  • 三人乗りできる場合

幼児二人同乗用自転車の幼児用座席に6歳未満の者二人を乗車させている場合

並進の禁止

ほかの自転車と並んで通行することはできません。

夜間はライトを点灯

夜間は、前照灯及び尾灯(又は反射器材)をつけてください。

前照灯点灯

交差点での信号遵守と一時停止・安全運転

  • 信号は必ず守ってください。「歩行者・自転車専用信号機」がある場合は、その信号に従ってください。
  • 一時停止の標識は必ず守ってください。また、狭い道から広い道に出るときは、必ず徐行して安全確認をしてください。

5.子どもはヘルメットを着用

  • 児童・幼児の保護者の方は、児童・幼児に乗車用ヘルメットをかぶらせましょう。
  • また、児童・幼児だけに限らず、高齢者をはじめ自転車を運転される方は乗車用ヘルメットをかぶるようにしましょう。

みんなでヘルメット

 

お問い合わせ

総務部総務課 

宇陀市榛原下井足17番地の3

電話番号:0745-82-1302/IP電話:0745-88-9068

ファックス:0745-82-3900

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?