観光案内

TOPICS

佛隆寺(ぶつりゅうじ)

イメージ:佛隆寺
佛隆寺(ぶつりゅうじ)

所在地:宇陀市榛原赤埴
宗派:真言宗室生寺派
創建:嘉祥3(850)年
本尊:十一面観音立像
文化財:国指定重要文化財:石室
県指定天然記念物:千年桜
所蔵:堅恵像、空海像、不動明王像、虚空蔵板仏2体、茶臼

由緒:山号は摩尼山。室生寺の南門といわれ、寺伝では、嘉祥3(850)年、弘法大師の高弟堅恵が堅興経を壇主として建立したと伝える。また、それ以前は興福寺の修円が住んだとも言われる。石造廟窟は、貞観9年7月5日に入定した堅恵の墓と言われ、また、寺宝として空海が唐から持ち帰ったと伝える茶臼が保存されている。境内には、大和茶発祥伝承地にふさわしく野生化した丸葉の茶樹が自生している。

嘉祥3(850)年、弘法大師(空海)の高弟堅恵によって創建され、本尊は十一面観音菩薩立像で聖徳太子の作と言われる。七堂伽藍の立派なお寺で、室生寺の南門、すなわち正面の門として極寺と末寺の関係にあり、室生寺の宿坊または住職の隠居寺として重要な役目があった。

また。貞観時代(859~876年)に構築した石室があり、これは開祖堅恵大徳の入定所(廟)で正面7m、奥行5m、高さ4.5mの宝形屋根を石で積み、我が国にはもう1つとないものであり、大正3年に国宝の指定を受ける。さらに、大和茶の発祥地でもあり、空海の入唐に随行した堅恵が、唐の徳宗皇帝より「茶臼」と「茶の種子」を拝受し、寺内に「苔の園」という茶園をつくり、全国に普及した。この「茶臼」は寺宝として現存し、戦前・戦中は国立奈良博物館に出陳されていた。

ほかには、修圓僧都の鎌倉時代の十三重石塔や、全国で4番目に古い南北朝時代の石灯籠、大和の三指の石段もある。また、参道の石段にまで枝を垂らした樹齢900年を越える奈良県指定天然記念物の「千年桜」や、秋には200段近い石段の左右を真っ赤に染める彼岸花のお寺としても有名である。

MEMO

交通

アイコン:電車

【電車・バスでお越しの場合】
奈良交通バス「上内牧・曽爾村役場前」行きバスで約10分「高井前」バス停下車

バス時刻表はこちら
アイコン:自動車

【自動車でお越しの場合】

大阪・名古屋方面から:名阪国道(針IC)から、国道369号線で高井地区へ。
三重方面から:国道165号線から国道369号線に入り高井地区へ。
桜井方面から:国道165号線から国道369号線に入り高井地区へ。
吉野方面から:国道370号線から国道166号線に入り、再び国道370号線へ、榛原駅前を経由して国道369号線へ入り高井地区へ。<高井郵便局からは、佛隆寺の看板どおり、山道を行く>
(名張から約50分、桜井から約40分、吉野町から約50分)

【周辺地図】

このページのトップへ戻る
オススメ観光地
宇陀市地域情報