観光案内

TOPICS

戒長寺(かいちょうじ)

イメージ:戒長寺
戒長寺(かいちょうじ)

所在地:宇陀市榛原戒場
宗派:真言宗御室派
創建:平安後期
本尊:薬師如来
文化財:国指定重要文化財:銅鐘
県指定文化財:木造薬師如来及び両脇侍像・木造薬師如来坐像
県指定天然記念物:お葉つきいちょう
所蔵:半丈六薬師如来坐像、千手観音坐像、日光菩薩立像、月光菩薩立像、毘沙門天立像、地蔵菩薩半跏像など

由緒:山号は戒場山。寺伝では用明天皇の勅願により聖徳太子が建立、その後、空海が伽藍を整えるとあるが、あまり信をおけない。由緒は明らかでないが、仏像や梵鐘から平安後期には相当な寺観を呈していたと思われる。

戒場山のすそ野にある静かな山寺。薬師如来座像を本尊とし、俗に戒場薬師と呼ばれる。聖徳太子の創建と伝えられ、藤原時代には地方の戒律道場として栄えた。9体の藤原仏を伝来し、わが国唯一の十二神将を刻んだ銅鐘や、葉の縁に小さな実がつく奈良県指定の天然記念物の「お葉つきいちょう」が有名である。

MEMO

交通

アイコン:電車

【電車・バスでお越しの場合】
近鉄大阪線「榛原駅」から奈良交通「針インター」行きバスで7分「玉立」バス停下車、徒歩約40分。
又は、近鉄大阪線「榛原駅」から奈良交通「天満台東3丁目」行きバスで8分「天満台東2丁目」バス停下車、徒歩約30分。

バス時刻表はこちら
アイコン:自動車

【自動車でお越しの場合】

駐車場あり。

大阪・名古屋方面から:名阪国道(針IC)から、国道369号線、国道165号線で山辺三より市道を利用。
三重方面から:国道165号線で山辺三より市道を利用。
桜井方面から:国道165号線で山辺三より市道を利用。
吉野方面から:国道370号線から国道166号線に入り、再び国道370号線へ、榛原駅前を経由して国道165号線で山辺三より市道を利用。
(名張から約50分、桜井から約40分、吉野町から約50分)

【周辺地図】

このページのトップへ戻る
オススメ観光地
宇陀市地域情報