観光案内

TOPICS

又兵衛桜

イメージ:又兵衛桜
又兵衛桜

大阪夏の陣で活躍した戦国武将後藤又兵衛が当地へ落ち延び、僧侶となって一生を終えたという伝説が残り、この垂れ桜が残る地も、後藤家の屋敷跡にあることから地元では「又兵衛桜」と呼ばれて親しまれている。桜の後ろの桃の花とのコントラストが鮮やかで、古くより一部の写真家に愛され、NHK大河ドラマにこの映像が使用されたことから花見客で賑わう。 (7~10万人)

MEMO

場 所

宇陀市大宇陀本郷

種 別

しだれ桜

樹 齢

300年(推定)

幹 周

3m超

樹 高

13m

指 定

なし

開 花

4月上旬

見学料

無料(維持管理協力金:100円)

駐車場

普通車500円~
大型車3,000円
※周辺に民間駐車場約500台

交通

アイコン:電車

【電車・バスでお越しの場合】
近鉄榛原駅から奈良交通「大宇陀」行バスにて17分、「大宇陀」終点下車、徒歩約20分。

バス時刻表はこちら
アイコン:自動車

【自動車でお越しの場合】

大阪・名古屋方面から
名阪国道(針IC)から、国道369号線、市道、国道370号線を経由し、国道166号線大宇陀へ(大宇陀温泉あきののゆ・宇陀CC・阿騎野GCの看板どおりに、大宇陀・吉野方面へ南進)、国道166線に入れば各所に桜の案内板あり。針から約40分。

三重方面から
国道165号線、国道370号線を経由し国道166号線(大宇陀)へ(大宇陀温泉あきののゆ・宇陀CC・阿騎野GCの看板どおりに、大宇陀・吉野方面へ南進)、国道166線に入れば各所に桜の案内板あり。

桜井方面から:国道165号線から国道166号線に入り、宇陀市大宇陀へ、後は桜の案内板どおり
吉野方面から:国道370号線から国道166号線に入り、宇陀市大宇陀へ、後は桜の案内板どおり
(名張から約40分、桜井から約20分、吉野町から約20分)

【周辺地図】

周辺の観光等

  • 柿本人麿の秀歌で有名な万葉の舞台、かぎろひの丘万葉公園・阿騎野人麻呂公園、中央公民館の壁画「阿騎野の朝」など。

  • 宇陀松山は、今も江戸時代の面影を残し、散策者で賑わう。日本最古の薬草園、森野旧薬園もある。

  • 柔らかなぬめりのある美人のいで湯「大宇陀温泉あきののゆ」や大願寺の薬草料理も有名。

  • お土産は、道の駅で。

その他

  • 開花期間中は、交通規制(一方通行)有り、案内標識どおり運行。土日は渋滞の模様。

  • 見頃期間中は、近鉄榛原駅から奈良交通臨時バスの運行有り。

このページのトップへ戻る
オススメ観光地
宇陀市地域情報