ホーム > 産業・まちづくり > 商工 > 【事業者の方へ】危機関連保証(新型コロナウイルス感染症関連)について

ここから本文です。

更新日:2020年3月19日

【事業者の方へ】危機関連保証(新型コロナウイルス感染症関連)について

危機関連保証制度とは?

危機関連保証制度とは、突発的な出来事で全国的に資金繰りの状況が急激に低下し、中小企業に著しい信用の収縮が生じ、国が危機関連保証を実施する必要があると認めた場合に、売上高が減少している中小事業者に対し、中小企業信用保険法第2条第6項に基づく認定を宇陀市で受けることで、信用保証の特例を受けられる制度です。

 

 

大規模経済危機等対策資金

1.資金の内容

  • 資金使途:運転資金
  • 融資限度額:5,000万円(保証協会が一般保証とは別枠で融資額の100%を保証)
  • 融資利率:【所定枠】金融機関所定金利【固定枠】1.675%
  • 融資期間:10年(うち据置2年)
  • 保証料率:0.60%
  • 融資対象者:下記1及び2のいずれにも該当する者
  1. 宇陀市内において事業をおこなっていること。
  2. 新型コロナウイルス感染症の影響により、原則として最近1か月の売上高等が前年同月に比して15%以上減少しており、かつ、その後2か月を含む3か月間の売上高等が前年同期に比して15%以上減少することが見込まれること。

2.【指定期間】令和2年2月1日から令和3年1月31日まで

3.【受付開始日】令和2年3月13日

4.認定申込先

宇陀市役所商工観光課

認定基準の運用緩和について

上記対象者に加え、前年実績のない創業者や、前年以降店舗や業容拡大してきた事業所の方についても、新型コロナウイルス感染症の影響を受けている場合には、危機関連保証制度を利用できるように認定基準の運用が緩和されました。対象となる方は、別途様式が必要ですので、商工観光課までお問い合わせください。

【対象となる方】

新型コロナウイルス感染症の影響を受け、経営の安定に支障を生じている、次の方

融資の一般的な流れ

1.相談

  • まずは制度融資の取扱金融機関・信用保証協会・宇陀市商工観光課等でご相談ください。
  • 金融機関や信用保証協会でご相談されると、より具体的な相談が可能です。
  • 金融機関の店舗によっては融資受付を行っていない場合があります。融資申込に際して、取扱窓口は事前にご確認ください。

2.認定申請

  • 宇陀市役所商工観光課に提出し認定を受ける。

3.融資申込

  • 金融機関で融資を、信用保証協会で保証を申し込みます。

4.審査

  • 金融機関と信用保証協会の審査を受けます。
  • 金融機関と信用保証協会が、経営状況や事業内容の審査を行います。
  • 担保及び保証人が必要となる場合があります。
  • 法人代表者以外の連帯保証人は原則不要です。

5.融資

  • 審査に通り、融資が決定されると、融資が実行されます。
  • 同時に、事業者は信用保証協会へ保証料を納付します。

6.返済

  • 金融機関へ返済をします。

奈良県の融資制度問合せ

信用保証制度問合せ


問合せ先

詳しくは商工観光課までお問合せ下さい。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

農林商工部商工観光課 

宇陀市榛原下井足17番地の3

電話番号:0745-82-2457/IP電話:0745-88-9081

ファックス:0745-82-8211

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?