ホーム > 訪問・観光されるみなさんへ > 宇陀の自然を歩こう > 桜の季節からシャクナゲ、つつじへバトンタッチ!

ここから本文です。

更新日:2019年4月23日

桜の季節からシャクナゲ、つつじへバトンタッチ!

長く楽しめた桜の時期も過ぎ、これからの宇陀はシャクナゲ、つつじ、そして新緑に包まれます。宇陀でシャクナゲといえば「室生寺」に「弁財天石楠花の丘」が有名で、つつじは「鳥見山公園」が知られています。「カエデの郷ひらら」でもカエデの葉が芽吹いて新緑が美しく輝く季節となります。

弁財天石楠花の丘では5月3日~5日に「石楠花まつり」が、そして鳥見山公園では、5月6日に恒例の「鳥見山つつじ祭り」が開催されます。ぜひこの連休、宇陀に花めぐりにお越しください!

つつじ

約13000株のつつじに彩られる鳥見山公園

室生寺シャクナゲ写真

室生寺のしゃくなげ

弁財天しゃくなげ

弁財天石楠花の丘

ひらら新緑

カエデの郷ひららのカエデも芽吹き始めています。

お問い合わせ

農林商工部商工観光課 

宇陀市榛原下井足17番地の3

電話番号:0745-82-2457/IP電話:0745-88-9081

ファックス:0745-82-8211

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?