ホーム > イベントカレンダー > 第48回かぎろひを観る会

ここから本文です。

更新日:2019年11月8日

第48回かぎろひを観る会

「ひむがしの野にかぎろひの立つ見えてかへり見すれば月かたぶきぬ」
持統6年(692)の旧暦11月17日に柿本人麻呂が詠んだこの秀歌を偲ぶ、毎年恒例の冬のイベント「かぎろひを観る会」、今回が第48回目となりました。今回も歴史講話やミニコンサートなど、さまざまな催しを行います。焚火を囲みながら、かぎろひが出る瞬間を待ちましょう!

かぎろひとは厳冬のよく晴れた日の出の約1時間前、東の空を彩る陽光のことであると宇陀市観光協会では考えています。

万葉歴史講話:テーマ「軽皇子(文武天皇)の古墳と藤原京」講師・今尾文昭先生

中央公民館にて壁画「阿騎野の朝」特別公開

ミニコンサート:Forestics(フォレスティックス)

阿騎野朝市(万葉公園)

前日からの休憩場所として、大宇陀温泉あきののゆが開放されています。(オールナイト営業します)前日からお越しの方はそちらでご休憩ください。

かぎろひを観る会

焚火を囲んでかぎろひを待ちます

開催日時

2019年12月13日  午前4時~7時頃

場所

名称

かぎろひの丘万葉公園

住所

宇陀市大宇陀中庄

費用

無料

主催者

宇陀市観光協会

備考

交通のご案内
名阪国道針インター→国道369号線を宇陀市方面へ→国道370号線→国道166号線→万葉公園

前日からの休憩場所として、大宇陀温泉あきののゆが開放されています。前日からお越しの方はそちらでご休憩ください。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

農林商工部商工観光課 

宇陀市榛原下井足17番地の3

電話番号:0745-82-2457/IP電話:0745-88-9081

ファックス:0745-82-8211

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?