ホーム > くらし・環境 > マイナンバー制度 > マイナンバー通知カード廃止のお知らせ

ここから本文です。

更新日:2020年5月19日

マイナンバー通知カード廃止のお知らせ

マイナンバー通知カードは、令和2年5月25日に廃止されます。廃止後は、通知カードの取り扱いが変わりますのでご注意ください。なお、廃止後もマイナンバーに変更はありません。

マイナンバー通知カードとは

通知カードとは、住民の方々にマイナンバーを通知するもので、平成27年10月以降、住民票を有する全ての住民に対し、簡易書留によって郵送されています。

通知カードみほん 
出典:総務省ホームページ(https://www.soumu.go.jp/kojinbango_card/02.html

廃止後の取扱い

  廃止後は、マイナンバー通知カードに関する以下の手続きができなくなります。

1 氏名・住所などの記載事項の変更手続き

現在お持ちのマイナンバー通知カードは、住民票に記載されている氏名・住所などの記載事項と全て一致している場合のみ、ご自身のマイナンバーを証明する書類として使用することができます。

お引越しや婚姻などで氏名・住所など、既に変更がある方は必要に応じて令和2年5月22日までに手続きをしてください。

【通知カードの記載事項変更に必要なもの】

 ご本人または同一世帯の方が手続きする場合

  • 窓口に来られる方の本人確認書類(下記※参照)
  • 変更する通知カード

 代理人の方が手続きする場合

  • 窓口に来られる方の本人確認書類(下記※参照)
  • 変更する通知カード
  • 委任状

 2 交付・再交付の手続き

通知カード廃止後は、再交付の手続きはできなくなります。通知カードが必要な方は、令和2年5月22日までにお手続きください。通知カードの再交付申請を行いますと、申請から約3週間で通知カードが簡易書留で配達されます。

 通知カード再交付申請については、次の書類等が必要となります。

  • 通知カード再交付申請書および通知カード紛失届
  • 通知カードの紛失や焼失の証明できる書類
    (警察署に届け出た際の遺失届または罹災証明書。いずれも提出が困難な場合は、紛失または焼失の経緯を記載した書類)
  • 再交付手数料 500円
  • 申請者の本人確認書類(※)
  • 代理人が申請する場合は、さらに代理人の本人確認書類(※)および代理権を証明する書類
    (法定代理人の場合は戸籍謄本など、任意代理人の場合は委任状)
  • 印鑑(自署の場合は不要)

(※)本人確認書類については下記、宇陀市HPリンク先の【本人確認のための書類一覧】を参照下さい。
  http://www.city.uda.nara.jp/shimin/kurashi/koseki/honninkakunin.html

通知カード廃止以降マイナンバーを証明する書類

  • マイナンバーカード
  • マイナンバー入りの住民票 、もしくはマイナンバー入りの住民票記載事項証明
    (マイナンバーは希望された方にのみ記載しています。)
  • 通知カード(記載内容が住民票と同一の場合に限る。ただし、令和2年5月25日以降で住所・氏名・性別・生年月日に変更があった場合はご使用できません。)

令和2年5月25日以降のマイナンバーの通知方法

 出生等で新たにマイナンバーが付番された方への通知は、個人番号通知書により行われます。
この個人番号通知書は、マイナンバーを証明する書類として使用できません。

お問い合わせ

市民環境部市民課 

宇陀市榛原下井足17番地の3

電話番号:0745-82-2143/IP電話:0745-88-9076

ファックス:0745-82-7234

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?