ホーム > 産業・まちづくり > 産業 > 宇陀市中小企業等施設改修・設備投資促進事業補助金

ここから本文です。

更新日:2018年5月8日

宇陀市中小企業等施設改修・設備投資促進事業補助金

予算額に達しましたので申請受付は終了しました。

市内事業者の施設改修や設備投資を促進し、生産能力やサービス等の向上を図るとともに、市産業の活性化を図るため、施設改修や設備投資に対し補助金を交付します。
なお、予算額に達し次第締め切りとさせていただきますので、ご了承ください。

補助対象事業者

日本標準産業分類に定める大分類のうち製造業、卸売業、小売業、宿泊業、飲食サービス業及び生活関連サービス業を営み、次のすべての要件に該当する事業者

  1. 市内に住所があり、居住している個人又は市内に本社を有する法人
  2. 市内で引き続き1年以上事業を営むものであること
  3. 施設改修又は設備投資を行う施設の所有者又は当該施設を所有者から賃借又は使用貸借しているもので、所有者の承諾が得られているもの
  4. 市税を滞納していないこと
  5. 自己又は自己の団体役員等は、暴力団、暴力団員又は暴力団員と社会的に非難されるべき関係を有する者ではないこと
  6. 下記の補助対象経費について、市の他の補助金の交付を受けていないこと

補助対象経費

施設改修

既存の施設の機能、性能を向上させるため、施設の一部を修繕、補修、模様替え等を行うことをいい、建築基準法、その他の法令に違反しないこと。
また、市内に本社、本店、支店、事業所がある事業者と契約を締結し行う工事費で、次の経費は除く。

  1. 住宅部分又は施設と別棟の倉庫、駐車場等の工事
  2. 造園、門扉、塀又は外構のみの工事
  3. 下水道接続のみとなる配管工事
  4. 住宅を含む場合の合併処理浄化槽設備工事
  5. 施設改修の工事を伴わない解体工事
  6. 内装工事を伴わない電気製品及び照明器具の取替工事
  7. その他、市長が補助金の交付が適当でないと認める工事

設備投資

事業者が自ら行う事業活動に用いる有形固定資産に対して行う投資で、次の要件すべてを満たす経費。

  1. 取得金額が1につき100,000円以上であること
  2. 事業の拡大や生産効率の向上又はサービスの向上に繋がり、直接的に事業の用に供するものであること
  3. 中古品又はリース契約に基づくものでないこと
  4. 市内の施設に設置するものであること
  5. その他、市長が必要と認める経費

施設改修、設備投資とも、補助対象経費の合計額が50万円以上(消費税含む)であること。

補助金の額

上記補助対象経費の2分の1(補助対象経費が500万円未満は上限100万円、500万円以上は上限200万円)

申請方法

施設改修、設備投資を行う前に、補助金交付申請書(様式第1号(ワード:39KB))に次の書類を添えて、申請してください。
なお、予算がなくなり次第、締め切らせていただきますので、ご了承ください。

  1. 事業収支予算書(様式第2号(ワード:32KB)
  2. 市内事業所に関する調書(様式第3号(ワード:35KB)
  3. 事業者の住民票の写し。法人の場合は登記事項証明書の写し。
  4. 施設改修又は設備投資を行う施設の所有者が分かる書類(施設の登記事項証明書の写し、賃貸借契約書の写し、固定資産税課税明細書の写し等)
  5. 施設改修又は設備投資の見積書
  6. 施設改修又は設備投資をの内容が分かる書類(図面、カタログ等)
  7. 施設改修又は設備投資を行う前の現況写真
  8. 納税等確認承諾書(様式第4号(ワード:33KB)
  9. その他市長が必要と認めるもの

その他

宇陀市中小企業等施設改修・設備投資促進事業補助金交付要綱(要綱(PDF:259KB)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

農林商工部産業企画課 

宇陀市榛原下井足17番地の3

電話番号:0745-82-5874/IP電話:0745-88-9075 

ファックス:0745-82-8211

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?