ホーム > 産業・まちづくり > 農林業 > 鳥獣害対策関係 > 「宇陀市獣肉利活用施設設置事業に係る運営団体の公募」

ここから本文です。

更新日:2018年8月1日

「宇陀市獣肉利活用施設設置事業に係る運営団体の公募」

宇陀市では、農林業被害対策として野性鳥獣の捕獲を実施していますが、捕獲数が年々増加しています。捕獲されたイノシシやニホンジカを害獣として捉えるのではなく、豊かな山のめぐみとして有効活用を進めるため、「獣肉利活用施設」の設置を推進します。

そのため、獣肉利活用施設の設置地域と運営団体を公募型プロポーザルによって広く募集します。

締切日成30年10月31日(水曜日)

必要書類

注意事項

  1. 様式第10号には、登記簿謄本及び公図を添付すること。
  2. プレゼンテーション用の資料を別に作成すること。

提出部数

  • (1)~(20)の書類をまとめて綴じた企画提案書5部(正1部、副4部)
  • プレゼンテーション用配布資料10部(パワーポイント形式)

 

質問事項

質問事項については、質問書(様式第14号)へ質問事項を記載し8月31日までに農林課へメールにて送信すること。

  • 「宇陀市獣肉利活用施設設置事業に係る運営団体の公募」質問書(様式第14号)

 

お問い合わせ

農林商工部農林課 

宇陀市榛原下井足17番地の3

電話番号:0745-82-3679/IP電話:0745-88-9090

ファックス:0745-82-8211

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?