ホーム > 産業・まちづくり > 農林業 > 農業振興 > 人・農地プランの作成について

ここから本文です。

更新日:2017年3月2日

人・農地プランの作成について

「人と農地の問題」について考えてみませんか。

集落・地域が抱える「人と農地の問題解決」のため、集落・地域で話し合いを進めましょう。「人・農地プラン」は、人と農地の問題を解決するための「未来の設計図」です。高齢化や後継者の問題によって、5年後、10年後の農業の展望が描けない地域が増えています。地域の皆さんによって、「人と農地の問題」を解決しましょう。

内容

集落における話し合いによって、次の内容を決めていきます。

  1. 今後の地域の中心となる経営体(個人・法人・集落営農)は誰か
  2. 地域における担い手の確保状況
  3. 将来の農地利用のあり方
  4. 農地中間管理機構の活用方針
  5. 近い将来農地の出し手となる者と農地
  6. 今後の地域農業のあり方

人・農地プランのメリット

人・農地プランに位置づけられると次の支援を受けることができます。

  • 年就農給付金(開始型)…150万円/年
  • スーパーL資金の金利負担軽減措置…5年間実質無利子化
  • 経営体育成支援事業
  • 農地集積協力金等

プランの作成手順

  • 集落説明会
  • 集落における話し合い
  • 宇陀市人・農地プラン検討会開催と人・農地プランの決定

人・農地プランは、定期的(年1回以上)に見直しが必要です。

農地プランのパンフレットへリンクします。(PDF:1,522KB)

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

農林商工部農林課 

宇陀市榛原下井足17番地の3

電話番号:0745-82-3679/IP電話:0745-88-9090

ファックス:0745-82-8211

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?