ホーム > 市政情報 > 施策・計画・プラン > 宇陀市過疎地域自立促進計画

ここから本文です。

更新日:2018年11月8日

宇陀市過疎地域自立促進計画

宇陀市は、過疎地域自立促進特別措置法(以下「過疎法」という。)に基づき、菟田野地域(旧菟田野町)と室生地域(旧室生村)が過疎地域に指定されておりましたが、平成29年4月の法改正により、全域が過疎地域に指定されています。

これまでも過疎法に基づく「過疎地域自立促進計画」により、過疎対策事業を推進してきましたが、この法律の改正により、失効期限が平成33年3月31日まで延長されたことに伴い、新たに「宇陀市過疎地域自立促進計画」を策定しました。

今後も、過疎地域における医療・介護等高齢者福祉への支援や若者の雇用の場の創出、農林業等地域産業の振興、買い物、通院、バス交通など生活維持のための対策等の自立促進に向けた施策を推進していくものです。

宇陀市過疎地域自立促進計画(PDF:410KB)


なお、過疎対策・法律の詳細につきましては、総務省のホームページをご覧ください。

総務省ホームページ(外部サイトへリンク)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

企画財政部企画課 

宇陀市榛原下井足17番地の3

電話番号:0745-82-1362/IP電話:0745-88-9074

ファックス:0745-82-3900

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?