ここから本文です。

更新日:2018年3月30日

母子保健

中央保健センターにご相談ください。

中央保健センターでは、妊娠・出産・育児というかけがえのない時間を健やかに過ごすことができるよう、「子育て世代包括支援センター」の機能をもつ窓口として、母子保健事業を実施します。

子育て世代包括支援センターでは、妊娠・出産・育児の期間の切れ目のない支援を目指して、妊婦さん、産婦さん、お子さん、ご家族、一人一人の状況に応じて、みなさんが健やかに過ごすことができるように一緒に考えます。

心配なこと・不安なことはありませんか?妊娠中や子育て期の相談を随時お受けいたします。お気軽にご相談ください。

 

妊娠とわかったら

妊娠とわかったら、すみやかに妊娠の届出にお越しください。母子健康手帳の交付や妊婦健康診査の補助に関する手続きを行います。

※妊娠の届け出(母子健康手帳の交付)について

 

事業名

対象者

内容

場所

妊娠判定料の補助

宇陀市に住所を有し、生活保護受給者または市民税非課税世帯に属する女性

妊娠判定受診料のうち一部または全額を補助します(事前に手続きをして下さい)。

申請書様式(PDF:73KB)

健康増進課

母子健康手帳の交付

宇陀市に住所を有する妊婦

妊娠届により母子健康手帳を交付します。

妊娠届出書(PDF:157KB)

中央保健センター

妊婦健康診査補助券

宇陀市に住所を有する妊婦

妊娠届により妊婦健診の補助券を交付します。

子育てプランシートの作成 宇陀市に住所を有する妊婦 妊娠から出産にかけて、妊婦さんの希望をうかがいながら、受けることのできる支援サービスを盛り込んだ個別支援プランを一緒に作成します。 中央保健センター

たまひよサロン

宇陀市に住所を有する、妊娠中の方・生後2~4カ月児とその保護者

市内の妊婦さんと産婦さんの交流会です。

先輩ママのアドバイスをきくことができ、また子育て支援センターの事業についてもお伝えします。

菟田野保健センター(子育て支援センター)

妊婦全戸電話相談 宇陀市に住所を有する妊婦 妊娠中に、専門のスタッフがすべての妊婦さんに電話をし、ニーズに沿ってアドバイスや相談に応じます。

中央保健センター

妊婦相談

宇陀市に住所を有する妊婦 随時、専門のスタッフが電話や面接、訪問で、妊娠中のからだやこころについてや、悩みや不安の相談に応じます。

中央保健センター

ページの先頭へ戻る

赤ちゃんが生まれたら

事業名

対象者

内容

場所

低出生体重児の届出

2,500g未満で出生した新生児

母子保健法第18条により、届出が必要です。

低体重児出生届様式(PDF:183KB)

中央保健センター

産後全戸電話相談

新生児および産婦 専門のスタッフが保護者の方に電話をし、産後のからだやこころについて、また育児についての悩みや相談に応じます。 中央保健センター

新生児訪問(こんにちは赤ちゃん訪問)

新生児および産婦

市が委託する助産師、もしくは市の保健師がご家庭に伺い、育児や生活についてのアドバイスや相談に応じます。

各家庭

ひよこクラス(育児教室)

宇陀市に住所を有する、生後2~4カ月児の保護者

赤ちゃんのからだや心の成長・発達・子育てなどについて学ぶことができる教室です。また、お母さん同士で交流することができます。

中央保健センター

たまひよサロン

宇陀市に住所を有する、妊娠中の方・生後2~4カ月児とその保護者

市内の妊婦さんと産婦さんの交流会です。ひよこクラスに参加していない方も参加でき、子育て支援センターの事業についてもお伝えします。

菟田野保健センター(子育て支援センター)

乳幼児健康診査

対象者には個別に通知します。

お子さんの健康診査と発育や育児に関する相談を行います。

  • 4~5か月児健康診査
  • 10~11か月児健康診査
  • 1歳6か月児健康診査
  • 2歳児歯科健康診査
  • 3歳児健康診査

菟田野・大宇陀に住所があるお子さま

⇒大宇陀保健センター、

榛原・室生に住所があるお子さま

⇒中央保健センター

予防接種説明会

対象者には個別に通知します。

生後2か月前後に、予防接種の説明と、予診票をお渡しします。

平成30年度予防接種の予定は、健康カレンダー(PDF:2,939KB)を参照して下さい。

中央保健センター

保健相談

乳幼児の養育者等

随時専門のスタッフが、電話や面接、訪問でお子さんの健康や子育ての相談をお受けいたします。

中央保健センター

ページの先頭へ戻る

マタニティマークができました

 

〈席は譲りあっておかけください〉マタニティー1

〈禁煙にご協力ください〉マタニティー2

公共機関の優先席マークなどには、おなかの大きな妊婦さんのマークが使われていますが、妊娠初期の人は外見では妊娠しているとわかりにくく、周囲からの理解が得られにくいと言う声に応えてマタニティーマークができました。

利用のしかた

マークを妊産婦が交通機関等を利用する時に身に付け、周囲にアピールしましょう。

マークはどこで手に入れるの?

妊娠届出時、母子健康手帳とともに配付しています。

マークは厚生労働省ホームページからダウンロードし、自由に利用できます。

詳細は、厚生労働省ホームページ(外部サイトへリンク)をご覧ください。

ページの先頭へ戻る

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

健康福祉部健康増進課 

宇陀市榛原下井足17番地の3

電話番号:0745-82-3692/IP電話:0745-88-9087

ファックス:0745-82-7234

中央保健センター
(室生福祉保健交流センター「ぬく森の郷」内)
〒633-0315宇陀市室生大野3776-1
電話0745-92-5220/IP電話0745-88-9175
FAX0745-92-5223

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?