ホーム > 健康・福祉 > 妊娠・出産 > 一般不妊治療・不育症治療費助成事業

ここから本文です。

更新日:2019年7月1日

一般不妊治療・不育症治療費助成事業

不妊治療や不育症治療を受けている夫婦に対して不妊治療又は不育症治療に要する費用の一部を助成し経済的負担の軽減を図るため、一般不妊治療費助成事業を実施します。

助成対象者

助成の対象となるのは、下記の1~6の条件にすべてに該当する方とします。

  1. 申請時において、夫婦のいずれか一方が宇陀市内に住所を有していること
  2. 婚姻の届出をし、引き続き婚姻関係にあること
  3. 医療機関によって不妊治療又は不育症治療が必要であると認められたもの
  4. 医療保険法各法による被保険者若しくは被扶養者であること
  5. 夫婦のいずれも市税等を滞納していないこと
  6. 夫及び妻の前年の所得が730万円未満であること

対象となる不妊治療又は不育症治療

  • 医師が必要と認めた検査
  • 一般不妊治療又は不育症治療

対象としない治療

奈良県で実施している不妊に悩む方への特定治療支援事業に該当するもの、第三者から、又は第三者への提供による治療

  • 特定不妊治療(体外受精・顕微授精)

助成額

  • 助成金の交付は、当該年度につき1回
  • 助成額は当該年度の対象治療に要した自己負担額の2分の1以内とし、一般不妊治療費については上限5万円、不育症治療については上限10万円

助成対象期間

助成を開始した月の属する年度から5年間

申請方法

  1. 申請前に、市役所健康増進課にご相談下さい。
  2. 申請書等、関係書類は宇陀市役所健康増進課にあります。各年度(4月~3月分)まとめて、毎年度3月31日までに申請してください。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

健康福祉部健康増進課 

宇陀市榛原下井足17番地の3

電話番号:0745-82-3692/IP電話:0745-88-9087

ファックス:0745-82-7234

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?